本文へスキップ

板倉町の歯医者さん。北村歯科・矯正歯科医院

お電話でご予約の上、ご来院ください。TEL:0276-82-1234

群馬県邑楽郡板倉町板倉754-1

小児の矯正

セミナーで講演する北村院長

私たちがお子様の矯正歯科治療を行う上で目標とするのは、一生自分の歯でかむことのできるきれいな歯並びになるようお手伝いする事です。 そのためには、乳歯と永久歯の混合歯列期から、患者様の口腔内管理を始め、症例によっては、この混合歯列期から矯正治療を開始する必要があると考えています。
また、この時期に治療を行うか否かにかかわらず、検査をし詳しい資料を作っておくことは、顎の成長様相や歯の生えかわり等を見るのに とても重要で、また将来の治療の際に役立ちます。


1期治療・2期治療

診察するする北村院長

乳歯から永久歯に生えかわる途中の時期を「混合歯列期」と呼びます。
混合歯列期に行う矯正治療を「1期治療」永久歯が生えそろってから行う治療を「2期治療」と言います。
1期治療は2期治療と結びついた一連の矯正治療の部分と考えています(1期治療を行う事で2期治療が必要なくなる場合もあります)。
あくまでも治療の目標はしっかりした永久歯列を作る事です。
やみくもに1期治療を行うのではなく、2期治療のゴールを見据えて行うべきです。

乳歯列期の治療に関しては、たとえば反対咬合などは、乳歯から永久歯に生えかわる際に、自然治癒したりすることがありますし、また、自然治癒しなくとも 混合歯列期の1期治療で十分対応可能と考えておりますので、当院では一切行っておりません。

・1期治療を行う事で2期治療が必要でなくなる。
・1期治療を行う事で2期治療が容易になる。
・1期治療を行う事で上下顎の関係を改善できる。
・1期治療を行う事で、後継永久歯の萌出をさまたげる障害を改善できる。
・1期治療を行う事で、歯の破折、外相等の危険を回避できる。
・1期治療を行う事で、唇を閉じやすくできる。

当院では上記のような治療効果が十分見いだせない場合は、1期治療を行わず、2期治療でまとめて対処することにしています。
当院では、できるだけ短い期間で治療が終了する事にも配慮して、治療計画を立案しています。

BeforeEfectAfter
矯正実施前の歯 矯正中の歯 矯正後のきれいな歯並び

北村歯科・矯正歯科医院キタムラシカ・キョウセイシカイイン

〒374-0132
群馬県邑楽郡板倉町板倉754-1
TEL:0276-82-1234
FAX:0276-55-1831

携帯URLへ送る